浪花の夏の風物詩!大阪の【天神祭】

浪花の夏の風物詩!大阪の【天神祭】

大阪では様々なお祭りが開催されていますが、その中で最も人気があるお祭りが天神祭です。天神祭は日本各地にある天満宮で開催されるお祭りですが、中でも大阪の天神祭は人気が高く、京都の祇園祭などと並んで日本三大祭りの一つとして数えられています。

いくつかあるお祭りの中でも特に人気

天神祭以外だと住吉祭や生玉夏祭が人気で、これらは大阪三大祭と呼ばれています。最も盛り上がりをみせる天神祭は6月の下旬からスタートして、7月25日まで行われます。特に最終日の奉納花火は人気が高く、日本各地から多くの観光客が訪れます。期間中には出店が出ており、大人だけではなく子どもも楽しめる雰囲気があります。

天神祭の歴史

天満宮御鎮座(天歴3年)の2年後に社頭の浜から神鉾を流して斎場を設け、禊払いを行った際に船を仕立てて奉迎したことが天神祭の起源だと言われています。実に1000年以上の歴史があるため、地元の人にとっては誇り高い行事でもあるのです。現在の船渡御の形になったのは、豊臣秀吉が大阪城を建てた頃だとされています。それ以降大阪は天下の台所と呼ばれるほど繁栄してきました。その繁栄のシンボルとして人気を得たのが天神祭なのです。長い歴史の中で天神祭はどんどん進化していき、今では日本随一の豪華さを誇るお祭りになりました。その結果、地元の人だけではなくたくさんの観光客が訪れるほどの人気になったのです。幕末の動乱や戦争によって中断していた時期はありますが、昭和24年から船渡御が復活しました。

天神祭の見どころ

このお祭りの始まりを告げるのが鉾流神事という行事です。堂島川を斎船で漕ぎ、信楽歌、鉾流歌が奏されます。船上から神童が神鉾を流してご神意をうかがった後に祓物を河中に流すことで、無病息災と平和を祈ります。厳かな雰囲気で行われる神事であり、この独特な雰囲気と共に天神祭は幕を開け、熱く楽しい大阪の夏が始まるのです。
特に見どころが多いのは7月25日です。15:30頃に陸渡御が始まり、大阪天満宮から天神橋までの道を、3000人以上の大行列が練り歩きます。そして18:00になると船渡御が始まります。いわゆる水上パレードのようなもので、陸渡御を終えた人々が船に乗り込んでパレードを行います。また、船渡御の途中には奉納花火が打ちあがります。迫力ある奉納花火をバックに行われる煌びやかな水上パレードの光景は壮観です。船渡御は21:00まで行われます。
奉納花火は19:30から始まり、二か所から打ち上げられます。一つは桜之宮公園、そしてもう一つが川崎公園です。梅鉢の形で花を咲かせる紅梅や、文字が表れるユニークな花火など、様々な花火が人々を楽しませてくれます。

都心で働く看護師へ

看護師がお祭りのある地域に転職をするなら看護のお仕事が最もおすすめです。看護のお仕事は求人数が豊富で、都心だけではなく地方の求人もカバーしています。また、コンサルタントの丁寧なサポートによりミスマッチのない転職が可能です。

祇園祭が開催される京都に住むにあたっておすすめのエリアを紹介していきます。ここでは、世帯や通勤事情別におすすめのエリアを紹介していきますので、自分の状況と照らし合わせたうえでベストマッチする場所を選んでください。

歴史のある京都で人気のお祭りが祇園祭です。7月1日から1ヵ月間、様々な行事が行われます。祇園祭のメインイベントである山鉾巡業が行われる日には、日本全国から観光客が訪れます。また、たくさんのお店が出店するのでグルメも楽しめます。

お祭り好きのための転職術