京都に住むならココがおすすめ

京都に住むならココがおすすめ

祇園祭のある京都に住む場合のおすすめエリアについて、世帯別・通勤事情の観点から紹介していきます。自分の状況に合ったエリアに住めるようにチェックしておいてください。

世帯別おすすめエリア

まず、一人暮らしにおすすめなのは一条寺や烏丸御池エリアです。観光スポットもありますが、それと同時にオシャレな雰囲気の街であり京都らしさを満喫しながら日々の生活を送ることができます。単身赴任や学生として訪れる人はぜひこのエリアを候補の一つとして入れてください。地下鉄やバスがあるので市街地にも行きやすいです。ただし、烏丸御池はビジネス街なので家賃が高めです。ちなみに一乗寺駅周辺はラーメンの激戦区なので、ラーメン好きには最高です。
二人暮らしにおすすめなのは北山、一乗寺、二条エリアです。二人暮らしの場合は少し広い部屋が必要で、キッチンなども整っているほうがいいでしょう。そのうえで京都の雰囲気を感じられるエリアとしてはこのあたりです。家賃についても比較的安価なエリアです。二条駅なら地下鉄を使って中心地に出ることができるので便利です。
家族で暮らす場合には、北山か二条エリアがおすすめです。子どもがいる世帯は自然に触れられるところがいいでしょう。また、ショッピング施設が近くにあるかどうかも大切です。その点から考えるとこのエリアです。京都らしさに加えて、生活用品が揃えやすい利便性を兼ね揃えています。北山駅周辺は自然が多いので、子どもの生活環境を重視する方には特におすすめです。また、食材にこだわったスーパーもあるので、食事に気を使っている方にもおすすめです。

大阪に通う人におすすめのエリア

次に通勤事情の観点からおすすめエリアを紹介していきます。京都に近い都市だと、大阪が挙げられます。居住エリアは京都で、仕事は大阪でするという人も多いのではないでしょうか。
まず、大阪に通う一人暮らしの方におすすめなのが西院、伏見桃山エリアです。大学が近いので一人暮らしの物件が豊富です。京都、大阪どちらにも足を延ばしやすい位置にあります。
二人暮らしにおすすめなのは西院、桂(桂川)、長岡京(長岡天神)エリアです。各エリア急行や特急が停まるので大阪に行くのには便利です。そのうえで、二人暮らしがしやすい広さの物件が揃っています。桂と長岡京に関しては阪急とJRどちらも使えます。
家族で暮らす場合も、桂、長岡京エリアがおすすめです。もともと大阪のベッドタウンとして発展してきた傾向があるので、ファミリー層向けの物件が揃っています。

都心で働く看護師へ

看護師がお祭りのある地域に転職をするなら看護のお仕事が最もおすすめです。看護のお仕事は求人数が豊富で、都心だけではなく地方の求人もカバーしています。また、コンサルタントの丁寧なサポートによりミスマッチのない転職が可能です。

祇園祭が開催される京都に住むにあたっておすすめのエリアを紹介していきます。ここでは、世帯や通勤事情別におすすめのエリアを紹介していきますので、自分の状況と照らし合わせたうえでベストマッチする場所を選んでください。

歴史のある京都で人気のお祭りが祇園祭です。7月1日から1ヵ月間、様々な行事が行われます。祇園祭のメインイベントである山鉾巡業が行われる日には、日本全国から観光客が訪れます。また、たくさんのお店が出店するのでグルメも楽しめます。

お祭り好きのための転職術