需要の高い職種はなに?

需要の高い職種はなに?

お祭りのある地域に転職するにあたって知っておきたい情報として、どの地域においても需要の高い職種を紹介していきます。ここで紹介する職種のスキルがあれば、仕事探しに困ることはないでしょう。

エンジニア

需要の高い職種としてまず挙げられるのが、企業のシステムやWebサービス開発をするエンジニアです。創造性だけではなく、求められる機能をヒアリングするコミュニケーション力が求められます。社会のIT化は急速に進み、今では当然のように身近なところにIT技術があります。このITを支えるエンジニアはこれからも一層必要になってきますので、どの地域でも需要は高いです。実際の求人事情をみても右肩上がりであることがわかります。転職市場におけるIT系エンジニアの転職求人倍率は約7.8倍です。これは、エンジニア1人に対して採用したい企業が約8社もあるということです。

看護師

次に需要が高く将来性のある職種として挙げられるのが看護師です。もともと需要の高い職種ですが、高齢化が進む日本において今後はさらに需要が高まっていくでしょう。国家資格であることに加えて人手不足の医療施設が多いので、どの地域でもすぐに仕事を見つけることができるでしょう。看護師の仕事内容は医師の診療のサポートや患者への対応など多岐にわたりますが、いずれも機械で代用できる内容ではないので、AI化が進んでも仕事が失われることがありません。
特に地方で求められているのは専門的な知識を持つ看護師です。地方では看護師と同様に医師も足りていない状況なので、医師を強力にサポートできるスキルを持った看護師が求められています。医師の行う医療行為を代行することはできませんが、医療に対する深い知識と医師が決定する治療方針を的確に理解する力があれば、効果的かつ効率的な医療の提供が可能となります。そのため、すでに看護師の免許を持っている人は上位資格である認定看護師などの取得がおすすめです。上位資格を持っていれば自身の市場価値が一気に上がります。

営業職

最後に需要の高い職種として紹介するのが営業職です。社会のIT化が進んだことにより人々の購買行動は大きく変化しました。しかし、大きな買い物やBtoBにおける取引においては、直接営業担当者とやり取りをして決めたいという人が多いです。そのため、その場の状況に応じて意思決定や提案をする力が求められます。AIによるデータ分析や提案も有効な手段ですが、目の前にいるお客様に効果的にアプローチするには会話の流れや状況を多角的に判断し、その時々の場面に応じて提案していかなければなりません。また、マーケティング戦略や企画力を持った人材も求められています。

都心で働く看護師へ

看護師がお祭りのある地域に転職をするなら看護のお仕事が最もおすすめです。看護のお仕事は求人数が豊富で、都心だけではなく地方の求人もカバーしています。また、コンサルタントの丁寧なサポートによりミスマッチのない転職が可能です。

祇園祭が開催される京都に住むにあたっておすすめのエリアを紹介していきます。ここでは、世帯や通勤事情別におすすめのエリアを紹介していきますので、自分の状況と照らし合わせたうえでベストマッチする場所を選んでください。

歴史のある京都で人気のお祭りが祇園祭です。7月1日から1ヵ月間、様々な行事が行われます。祇園祭のメインイベントである山鉾巡業が行われる日には、日本全国から観光客が訪れます。また、たくさんのお店が出店するのでグルメも楽しめます。

お祭り好きのための転職術